結婚式で使用する席次表

結婚式の時の席次表は、新郎・新婦が考えて作成を依頼したり、自分達で作成をしたりします。どの人とどの人を席を一緒にすれば、話が盛り上がるかとかの問題もあったりしますので、一番頭を悩ませる事になるでしょう。インターネットで素敵な表紙の用紙に作成してくれる会社のサイトもあったりしますので、用紙を選択してから大きさなどを選択して作成依頼をします。事務職などをしている方であれば、自分で幾らでも作成も出来ます。コストを少しでも抑えたい人であれば、自分で行えば良いですが、そんなに気にならないし、やっている時間が無いと言う方であれば、依頼した方が楽です。依頼したとしても1枚300円とか用紙によって異なりますが、平均それ位の金額になります。席次表と席札両方作ってもらえば、セット割引とかもあるので、依頼しても良いでしょう。

結婚式の席次表のプロフィール

結婚式に招待されたら、受付でご祝儀を渡します。そのときに、受付の人から座席表を受け取ります。座席表には、どこの席に座るかだけでなく、新郎新婦のプロフィールが書かれていると、ゲストの人が楽しむことができます。プロフィールには、2人の生年月日や、出身地など基本的な内容だけでなく、2人しか知らないエピソードなども書いてあると、楽しいです。披露宴が始まるまでには、時間があるので、その間にゲストの人に楽しんでもらえるように、お互いへの質問などを書いているという人もいます。お互いの第一印象や、1番好きなところなど、みんなが知らないことを書くと、面白い席次表になります。新郎側のゲストの人は、新婦を、新婦側のゲストの人は、新郎のことを全く知らないという人も多いですが、プロフィールがあると、その人の人柄を知ることができます。

結婚式の席次表を二人のオリジナルで作る場合には

結婚式の席次表は、招待したゲストがどの席に座ればよいか案内する表で、作成する時に難しいのは誰と誰が同じテーブルにするかを考える事です。席次を決める時に必要な事はゲストが決まっている事です。披露宴の招待状を送った時に同封した返信はがきが全部返ってきたか確認して席次表作りをはじめます。席次の基本は新郎新婦の一番近い席の上座を主賓にする事が決まりなので、上座からの順番は主賓、上司や恩師、先輩、友人、親戚、両親という事になります。披露宴中に会話が弾むようにしたり、子供を連れているゲストやお年寄りは出入り口に近い席にした方がよいです。席次に迷った時には、上司や先輩、両親などに相談する事がおすすめです。オリジナルの手作り席次表を作る場合には、披露宴のイメージに合わせたり、新郎新婦二人の趣味から連想できるものにイメージに合うものがおすすめです。