結婚式の席次表のマナーについて

結婚式で受付をするときに席次表を受け取ります。席次表は、ゲストが座る席の案内だけでなく、一人一人のゲストの名前や肩書きを知ることができます。どのような人が参加をしているのか見るだけでわかるようになっています。座席だけでなく、新郎新婦のプロフィールを載せて、披露宴が始まるまでの待ち時間にゲストの皆様に楽しんでもらえるように工夫をしている人も多いです。席次票を作るときには、それぞれのゲストの座る位置がとても大事です。席には上座と下座があります。新郎新婦が座る高砂席から近いところが上座になります。主賓や、会社の上司などを上座の席にします。高砂席から、1番遠い位置になるのが、新郎新婦の家族の席になります。ちょうど間には、新郎新婦の友人が座ります。ゲストの皆様が楽しむことができるように、知り合い同士が同じテーブルになるように席を決めましょう。

結婚式の席次表のコツ

結婚式を挙げて披露宴を行う際に必ず必要となってくるのが、席次表です。ゲストの名前や肩書きを書くのは勿論で、それを間違えないようにしなくてはなりません。その際に、他にも何か周りとの差をつけるためにと近年多くの人が書いているのが、ゲストのプロフィール記載です。ゲスト同士というのは初対面の人も多く、話をしたくてもなかなか話をするきっかけが無いのではないでしょうか。その際に、話のきっかけとなるためにも何かプロフィールの記載をしておくべきです。何を書くのかは個人の自由ですが、話しかけやすい内容を一言書くくらいで良いのではないでしょうか。出会いの場というわけではありませんが、ひとこと添えてあることで、披露宴も盛り上がり、新郎新婦にとってもより楽しい式となることは間違いないので記載しておくべきと言えます。

結婚式の席次表の基本スタイル

結婚式の席次にはいろいろなスタイルがあります。大人数に対応したくし形、華やかなちらし型といった席次表の配置は基本のスタイルや新郎新婦を取り囲んだり、各テーブルに新郎新婦の席があるなど、新しいスタイルが増えいてます。基本のスタイルのくし形は、新郎新婦の席に向かって縦長にテーブルを垂直に配しているスタイルで、たくさんの人が座れてゲストが多い披露宴に向いていますが、ゲスト同士は話しづらいというデメリットがあります。同じく基本スタイルのちらし型は新郎新婦の席の前に丸テーブルを使ったバランスがよい配置スタイルで、ゲストは同じテーブルの人と一緒にゆっくりと会話する事ができます。席次表のマナーは新郎新婦の一番近い席・上座には主賓にして、上司・恩師、先輩、友人、親族、両親という順番にして、知り合い同士や同世代を近くの席にします。予め遅刻や早退がわかっているゲストの席は目立たない席にします。